イージー給料計算2020年版
 Windows10のOneDriveで、イージー給料計算のフォルダが、OneDriveのバックアップ対象の場合、
 イージー給料計算の動作に起きる「不具合」と「回避方法」。(2020年5月27日・5月31日)
<イージー給料計算起動時に起きるエラー(左図)>
 イージー給料計算の機能(自動ダウンロードや、時給計算日給からのコピー等)に不具合が出ます。

<仕様について>
 Windows10では、OneDriveで共有対象にしたローカルフォルダのエクセル(やワード)のファイルを開く時、OneDriveが起動している間は、ローカルファイルでなく、直接OneDriveのクラウド上の(=ネットワーク上の)ファイルを開きます。
 そして、Windows10のOneDriveは、ネットワーク上のファイルを読み書きし、ローカルPC上のファイルに同期を取る動作をしています。

<推奨する設定変更> イージー給料計算は、ローカルファイルを開く仕様で動くため、OneDriveの設定を変えて、OneDriveでバックアップ対象フォルダ中のファイルを開いた時に、ローカルファイルを開く設定に変えます。
<不具合の起きる条件と内容>
 Windows10で、デスクトップ・ドキュメントフォルダ等にイージー給料計算のフォルダを置き、
 「OneDriveで、デスクトップ・ドキュメントフォルダ等をバックアップ対象にした場合」(左図)など。


<回避 OneDrive設定変更>
<推奨> OneDrive「Officeを使用して開いているOfficeファイルを同期する。」のチェックを外します。

または、
<回避手順>
 OneDriveを閉じてから、イージー給料計算を開き、
 データ入力後、イージー給料計算を閉じてから、OneDriveを起動します。
<回避設定 OneDrive設定変更版><推奨> ※下記の回避手順は、一度行えばよいです。
1、タスクバーのOneDriveアイコンを右クリックして、設定をクリックします。
2、Officeタブをクリックして、「Officeを使用して開いているOfficeファイルを同期する。」のチェックを外します。
<回避手順>(上の設定変更を行った場合は不要です。)
 OneDriveを閉じてから、イージー給料計算を開き、データ入力後、イージー給料計算を閉じてから、OneDriveを起動します。※下記の回避手順は、「イージー給料計算を起動する毎に」行う必要があります。
1、タスクバーの「OneDriveのアイコン」→「その他」→「OneDriveを閉じる」の順でクリック。


 ※「OneDriveのアイコン」が隠れている時は、タスクバーの上向きの「Λ」をクリックしてから、「OneDriveのアイコン」をクリック。
2、「OneDriveを終了する」をクリックします。
3、イージー給料計算を開きます。→ 作業します。→ イージー給料計算を閉じます。
○エクスプローラから、OneDriveの中のファイルをダブルクリックして、イージー給料計算を起動します。
×エクセルを起動してから、最近使ったアイテムでは、うまくいきません。
4、イージー給料計算のファイルを上書き保存して閉じた後に、Onedriveを起動して、ローカルのファイルをクラウドのファイルに同期(アップロード)させます。  下の赤枠の部分に「onedrive」と入力し、「OneDrive アプリ」をクリックします。

<回避手順0>複数のマシンで、ひとつのOneDriveを使う場合。
 前回別のマシンでイージー給料計算を編集して、Onedrive(のクラウド)に同期させた場合は、Onedriveを起動したまま、エクスプローラからイージー給料計算を開く事で(ダウンロードして)、ファイルを一度閉じます。