税金計算
税金計算 このエントリーをはてなブックマークに追加
 この税金計算では、各種条件を入力すると月給の所得税額や差引支給額を自動計算します。また、住民税を概算することもできます。税金額を知りたい時にお使いください。
 月給の税金計算には、社会保険料(健康保険、厚生年金、雇用保険)を差し引いた課税対象額などから計算します。
税金計算 

JavaScriptが無効です。有効にしてください。

※「前年12月分で1月支給の給与」は、「1月分当月支給」で計算
2017年 月支給
協会けんぽ
〜月給の税金額を「計算」します。〜
 項 目 名 金 額

 
月給額(課税手当)
交通費(非課税)
 支 給 額 合 計 

0

 

 

 



健康保険:標準報酬

0

介護保険

0

厚生年金:標準報酬

0

雇用保険

0

 (社会保険計)

(0)

 (課税対象額)

0

源泉所得税:扶養税額表

0

住民税  住民税を自動で概算する。
 控 除 額 合 計 

0

 差 引 支 給 額 

0

健保厚生標準報酬を
当月支給額で自動計算
※正式には当月給与で標準報酬月額を求めません
健康保険厚生年金を
当月分の料率で計算
 イージー給料計算は、随時改定や年末調整、給与明細作成ができます。
※協会けんぽ 健康保険料率:

未加入

 税金計算では、源泉所得税を計算し、概算の住民税額を計算可能です。
※概算の住民税額は正しい計算でなく、「今月の金額を12倍」して計算します。

 源泉所得税額は、税額表の(課税対象額)と、扶養親族等の数から求めます。
 (課税対象額)は、課税手当−社会保険料計 で求めます。

 社会保険料計は、健康保険(介護保険含む)+厚生年金+雇用保険 です。

 雇用保険を計算する際の「賃金」は、課税手当と非課税手当を含みます。

 健康保険、厚生年金の標準報酬月額は、算定基礎届の計算に随時改定を行って決まります。
 正式には、直接その月の報酬額から計算されませんが、この税金計算では、暫定的にその月の報酬額から計算する事もできます。

 健康保険の料率は、都道府県別で異なります。
 被保険者が40歳以上65歳未満の場合、介護保険料を負担します。
イージー給料計算